家具修理・水回り修理、塗装、補修なら匠のリペア

リペアとリフォームの違い

リペアとは?

リペアとリフォームの違い

リペアとは、「復元」「修理」「補修」という意味で、傷んだものを交換せずにキズやへこみを綺麗に直すことを指します。

新築住宅の施工時、施工に入った業者が施工中の住宅に対して傷を付けたり、破損をしてしまうケースがあります。その破損個所を直す際に、リペアの技術が重宝されています。

工務店様やハウスメーカー様にとって、「リペア」は必要不可欠な技術なのです。新品に交換するという発想だけではなく、修復することで新品同様にできることを認識いただければと考えます。

高度な復元技術により、住宅や家具等、あらゆるものを再生することが可能です。
「見栄えが悪いから早く何とかしたい」「費用をできるだけ抑えたい」と考えているお客様にとっては、最善の方法であることに間違いありません。

リフォームとは?

different_2

リフォームとは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを指します。

英語で「REFORM」は「悪い状態からの改良」を意味し、リフォームという言葉を使う場合は、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、綺麗にしたり、新しくすることを指します。

マンションやアパートの場合には、入居者の退居後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指し、原状回復とも言われています。マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが多く、外壁の塗り直しや、床材や壁紙の張り替えなどはリフォームに該当します。
システムキッチンやユニットバス等の設備の入れ替え程度の比較的小規模な工事も、リフォームに分類されます。